実践報告

愛知創生に灼熱の想いを込めて 村山 明子 氏

image8本日の講師は愛知県倫理法人会の村山会長です。会長がおいでになられたということで、参加者一同は少々緊張気味・・・(^_^;)

村山会長、とても謙虚な方で、自分は会長の器ではない、会長就任のお話があった時も、たいそう驚かれたようです。それでも、頼まれれば「ありがとうございます」と快くお引き受けになり、自分が会長でよかったと言われるよう努めてこられたようです。そのあたりは、会員の皆様が一番よくわかっておられることかと思います。会長職にあると、一週間一週間があっという間に過ぎてしまうと話しておられました。

大事なことは、まずは形から、やると決心してからなんでも取り組んでみること。そして、「~したい」という言い方から「~する」と言い切っていくことが、最初に大事なことだと。あとはやり続けていくことがなにより大事なことと強調されます。それは、倫理を学ぶものとしては、信号を守るといった単純なことでさえも、きちんと守り継続していくことです。・・・わたくし、しばしば「名古屋走り」しちゃってます・・・反省。会長の会社では毎日の朝礼は継続されているようで、たまたまある朝、社員が一名だったときでも、その方一名で朝礼をされたようです。・・・すご。

そこまで、社長の想いが社員一人一人に浸透するまでには、時間もかかったのかもしれませんが、村山会長曰く、愛情をなくして言ったことは決して伝わらないそうで、愛情を出す、出したものは入ってくる、いや出しただけしか戻ってはこない。とにかく惜しみなく出すことが大事ですと。まさに本日の講話のタイトル通り、灼熱の想いを込めて、一言一言を発しておられるのでしょう。

私を含め、社会人になってからはなかなか教育をまともに受ける機会は少ないように思います。村山会長曰く、倫理は社会教育機関の一端を担う存在であると。そのような使命感をもって、毎週のモーニングセミナーに取り組んでいければいいかと思います。毎週一日は早く起きる!! 継続していきましょう!!

 

≪講師プロフィール≫

 村山 明子 様

(勤務先) 愛東運輸株式会社 代表取締役

〒448-0007 愛知県刈谷市東境町上野8-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事